軽自動車の自動車保険をお得にする方法とは?

軽自動車の購入をした後は、自動車保険(任意保険)に加入をしなくてはいけません。でも誰もが少しでも軽自動車の自動車保険は安く済ませたいものです。そこでまずは、自動車保険を選ぶ際に重要な事をまとめてみたいと思います。

1・年齢制限はきとんとあなたのニーズに適合しているか?
2・毎月の大体の走行距離を把握しているか?
3・誰が車に乗る可能性があるのか?を把握しているか?
4・ローンで車を購入しているか?それとも現金で購入しているか?
5・友人知人に修理工場などがあるかどうか?
6・車を購入した店は近いのか?遠いのか?
7・今加入している自動車保険はどこでどうやって加入したのか?

まずはこのような事をしっかりと把握する必要があります。一見、自動車保険選びには関係のない項目もある・・・と思われるかもしれませんが、後ほどご説明をしていきますので最後までご覧ください。

1・年齢制限はきとんとあなたのニーズに適合しているか?
最近の自動車保険では、リスク細分型と言って年齢制限に関しても細かく設定出来る保険会社が多くなってきました。

年齢制限に関しては①条件なし②21歳以上③26歳以上④30歳以上⑤35歳以上というのが基本的。しかし「35歳以上65歳未満」といった年齢制限を設けている自動車保険も出てきました。

今後は高齢者の保険料が割高になる為です。年齢制限は適当に決めてしまうと保険料に大きく影響を与える項目ですので、しっかりと乗る可能性のある人の年齢に合わせる事が重要です。

2・毎月の大体の走行距離を把握しているか?
毎月の走行距離によって保険料が安くなる事があります。例えば毎月500kmしか乗らない、とか年間5000km乗る!など、大体の走行距離も把握していると余分な保険料を支払わなくても良くなります。

3・誰が車に乗る可能性があるのか?を把握しているか?
ここについては、夫婦しか乗らないなら夫婦限定、家族しか乗らないなら家族限定と「限定」をする事によって自動車保険料は安くなります。よくあるのが、誰が乗るかわからないから限定を出来る限り外してしまう・・・こういう方も実は非常に多いのです。これでは保険料も高くなる一方ですので自分の車は誰が乗るのか?をしっかりと決めておきたいところです。

4・ローンで車を購入しているか?それとも現金で購入しているか?
これがなぜ自動車保険に関係するのか?と思われる方も多いでしょう。実はこの項目は「車両保険の有無」に関わってくるのです。

例えばマイカーローンなどを組んで車を購入した場合、もし事故を起こしてしまい、車が廃車になってしまうとどうなるでしょうか?そうです、ローンだけが残ってしまうのです。ですからローンで車を購入した場合は車両保険は加入をしておいた方が良いと思います。最悪、保険金で次の車を購入したり、ローンの残債を消す事が出来ますので。

逆に現金で購入をしている方は、車両保険の加入を考えなくてはいけません。車の購入金額などにもよりますが、車両保険に加入すると自動車保険料はかなり高くなります。もし事故などで廃車になってもローンが残る事はありません。

よくある話なのですが、現金で購入をしている方は、事故をして廃車になったらまた現金で買うから良い!という人も多くいます。だから車両保険には加入しないで、その自動車保険料分を貯蓄している方も多いですね。

事故は起こすのか起こさないのか・・・誰にもわかりませんので、保険料を払うぐらいなら貯めて事故が起きた時に使う、という考えですね。これもこれで良い考えだと思います。

5・友人知人に修理工場などがあるかどうか?
自動車保険料を安くしようと思うと、やはりインターネット経由で加入するのが一番安くなる選択です。

しかし事故を起こしてしまった時、友人知人に修理工場などがない場合は、電話だけで保険会社に相談をしなくてはなりません。事故を起こした時と言うのは、不安でどうしたら良いのかわからないものです。

こういった時に電話対応のみ!と言うのは非常に不安ですよね。しかし友人や知人の方に修理工場などがあるようでしたら、そちらに相談をする事が出来ますのでインターネット経由で自動車保険に加入する事をお勧めします。正直言って、かなり保険料が安くなりますので。

6・車を購入した店は近いのか?遠いのか?
これも上記の内容に近いのですが、万が一事故などが起きた場合、やはり購入をしたお店に相談をしたいものですよね。でもカーセンサーやグーネットを使って中古車購入をしている方の中には、自宅から遠方の中古車販売店で車を買っていることも多いのが現実です。

新車の場合でも、友人などの紹介などで遠方の新車ディーラーで購入している方もお見えになりますよね。こういった場合、購入自体は良いのですが、購入してからのお付き合いが出来る車屋さんがいないので、自動車保険だけでもすぐに相談出来る身近なところで加入をした方が良いかと思います。

7・今加入している自動車保険はどこでどうやって加入したのか?
自動車保険に加入をしている方によくあるパターンをお伝えしたいと思います。
①車を購入したディーラーや中古車販売店で加入する
②友人知人の保険代理店から加入する
③親戚の保険代理店から加入する
④インターネットで加入する
このようなパターンがよくある自動車保険の加入方法ですね。どれも一長一短だと思います。ココでお伝えしたい事は、「義理で友人知人などから加入はしない事」という事です。

もちろんお付き合いは大事ですが、やはり自動車保険はいざ!という時に必要なものですので、お付き合いよりもしっかりとサポートしてくれる!保険会社から加入するのが重要です。

自動車保険の選び方
上記に自動車保険の選び方について色々とお伝えしてきました。そこで私が思う自動車保険の選び方!を最後にお伝えしたいと思います。2つのケースがあると思ってます。

一つ目は、保険料を安くすることを一番に考えず、サポートに重点を置く考え方です。事故をした時に気軽に何でも相談出来る!こういうところから自動車保険に加入する方法です。安心感を買う!というイメージですね。

二つ目は保険料をとにかく安くする!という事を最優先に考えた自動車保険選びです。これは上記でもお伝えしたように、事故対応や修理などを相談出来る友人知人などがいる方にはお勧めな選び方だと思います。よく勘違いをされる事なのですが、自動車保険はとにかく安くするのが良い!といった情報を配信しているサイトも多くなっています。

しかしお金だけでは買えない事も事故にはたくさんあります。ですから私としては、2つの考え方それぞれに合う選び方で良いかと思っています。

最後に・・・

もし「保険料を安くする事を最優先に考える」という方には、とても便利なサービスがありますのでご紹介をしたいと思います。自動車保険を安くする!と言っても、たくさんの保険会社から見積りを出してもらったり、話を聞くのには大変な労力がかかりますよね。

5社~6社は最低でも比較をしないと一番安い保険料を見つける事は難しいでしょう。そこで簡単な入力をするだけで、複数の保険会社の見積りを比較出来るサービスがあります。インターネットで自動車保険に加入する方の多くが利用しているサービスですので、保険料をとにかく安く!と考えている方は一度お試しください。

※平均で25000円も保険料が安くなる!というデータもありますので。

自動車保険