軽自動車の維持費はどのくらいかかるのか?

軽自動車にも色々な「維持費」がかかってきます。ココでは軽自動車の一年間にかかる維持費についてまとめていきたいと思います。まず軽自動車に必要な維持費をまとめてみましょう。

1・軽自動車税
2・軽自動車の自動車保険
3・軽自動車の車検代
4・軽自動車のガソリン代
5・軽自動車の消耗品

最低でもこれらは軽自動車の維持費としてかかってきます。では次に、具体的にどのぐらいかかるものなのか?をまとめてみましょう。

 1・軽自動車の税金について
2015年3月31日までは、
①自家用:7200円
②営業用:5500円
③貨物自家用:4000円
④貨物営業用:3000円
上記のように軽自動車税についてはなっています。

これが2015年4月1日からは、
①自家用:10800円
②営業用:6900円
③貨物自家用:5000円
④貨物営業用:3800円
上記のようにおよそ1.5倍に軽自動車の税金も増税します。

また平成28年度以降は、13年以上年式が経過している軽自動車については20%引き上げられる事になっています。これが軽自動車の税金に掛かる費用になります。

 2・軽自動車の自動車保険
こちらは一概にどのくらいかかるのか?という事は言いにくい部分です。軽自動車に乗っている方の年齢や等級、車両保険の有無などによっても大きく変わってくるためです。

これは軽自動車に限った事ではありませんが、最近の自動車保険(任意保険)と言うのは、インターネット経由で加入するとかなり安く保険料を抑える事が可能です。

もちろん自動車保険料が安いばかりが良いわけではありません。事故対応やその他相談に乗ってくれたりするのは購入したお店の担当者の方の方が良い場合もありますので。

ただケースによっては、年間で数万円は軽く自動車保険料も変わってくる事もありますので、加入する前に一度、今の自動車保険を複数の保険会社で比較をする事をお勧めしています。【ズバット自動車保険比較】自動車保険の無料一括見積もり依頼サービスでは、簡単な入力だけで複数の自動車保険料を比較することが出来る無料のサービスです。

メールで保険料の見積りを送ってくれますので、一度はお試しになる事をお勧めします。また当サイト「軽自動車の自動車保険を節約する方法とは?」もご参考にしてください。このページでは、自動車保険の選び方を事例をあげて詳細にご説明しています。

 3・軽自動車の車検について
新車で3年、それ以外は2年に一回、軽自動車には車検を受ける事が必要となります。この車検には、自賠責保険料、車検代、重量税が含まれています。それではこれらを具体的にまとめてみます。
①自賠責保険料:13185円(2年で26370円)
②車検代:2~5万円(車検を受ける指定工場によって異なる)
③重量税:4400円(2年で8800円)
軽自動車の車検代は約50000円~80000円ぐらい・・・と言うのが平均値ですね。これはガソリンスタンドなど車検代を安く請け負うところもあれば、新車ディーラーなどのように車検代自体が高いところもあります。

ただ勘違いされている部分なのですが、車検代と言うのは消耗品などの交換代金は含まれていない!という事です。例えばオイル交換費用やブレーキパット、ラジエーター類、ベルト類など、これらにかかる費用は含まれていないケースがほとんどです。

ですから車検費用を安く謳っているようなチラシや広告などには注意が必要ですね。そこで以下に、軽自動車の車検代以外にかかる消耗品についてまとめてみたいと思います。

①タイヤ代:溝が1.6mm以下になると車検が通りません。爪が引っかかるかどうか?というレベルですね。
②ベルト類:ファンベルト、エアコンベルトなどが含まれます。軽自動車では全部変えても15000円前後だと思います。
③ブレーキパット:こちらもある一定の残りがないと車検を通りません。軽自動車ではフロントだけで10000円~15000円ほどかかります。
④ドライブシャフトブーツ:これはオイルが漏れていたりすると車検を通りません。費用的にはフロント左右で10000円~15000円ほどかかります。
軽自動車の車検時にかかりやすい消耗品としては、上記のような事があります。大体車検の2回に一度は交換をするようなイメージですね。

あまり乗りっぱなしにしていると、車検の時に一気に費用がかかる事もありますので、定期的に点検などに出して、消耗品についてはこまめに変えるほうが車検の時は安くつくと思います。

 4・軽自動車のガソリン代について
こちらは毎月どのくらい走行をするのか?によっても異なってきますが、最近の軽自動車では実燃費が20キロ~25キロほど伸びますので、月に1000km走行をされる方でもガソリン代としては「7000円~8000円/月」もあれば充分でしょう。

毎月1000km走行をしようと思うと、毎日車を使って通勤をしたり、休みもどこかに出かけたり・・・というぐらいたくさん使う人のレベルですので、買い物などにしか使わない場合は月に500kmほどで計算をすれば大丈夫だと思います。

軽自動車の維持費について
簡単にまとめてみましたが、軽自動車にはこのような費用が最低限かかってきます。車は購入しただけではありませんからね。

どの項目も、安く節約する事は可能です。税金のように抑える事が出来ない維持費もありますが、自動車保険のように費用を抑える事が出来る項目もあります。車検代でもそうですね。

出来れば無駄な出費は抑えたいところですので、軽自動車の維持費をしっかりと把握して、安く済ませれる部分は済ます!という気持ちで維持をしていくのが良いと思います。